賃貸物件 売買物件

2017年08月10日

ワレ ダエドー?

10日 。送金日。

少し早く出社して 案内準備。

オーナー様に ファックス、メール、郵送で 送金明細を送ります。

その後、新たな口座でのインターネットバンキングの申し込みをして 着替えて お別れ へ

私が 名付けた 『松原の天然記念物』

松原語の伝道師

『オイ コラ ワレ』 (こんにちわ)

『ワレ ダエドー?』(どちらさんですか?)

『ジョー二 モウケトンノ』(商売繁盛ですね )

いつも 事務所に来ると 『ワレ、ここは一等場所やの?』(良い場所に事務所がありますね)

長女が、婚約中 遊びに来てた彼氏に

『ワレ、イナンカイ』(夜も遅くなったので 帰った方がいいですよ)

『バッタの蹴り足』の様な華奢な体でしたが、

獅子屋台の太鼓打の空間に飛び込んでた伝説の男です。

祭りと阪神とタバコとお酒が大好きな オッチャンでした。

赤い鉢巻〆て、タバコくわえて 昇って行きました。

オッチャンらしい お別れでした。

涙は 出ません。

満足の人生でしょ?

カク 生きたい。

オッチャン ありがとうパー


  
タグ :松原


Posted by 平田 朗 at 21:54Comments(0)まつりコミュニティ

2016年10月20日

創造的破壊

お宮さんには、帰ってきた神輿が拝殿に


町は すっかり静かになりました。

お昼になって、突然の訃報

平尾誠二GM

同志社時代から魅了されました。

本も読んだし、講演も聞きました。

カッコいい人でしたね。

ちょっと 嫌な予感が 現実になってしまいました。

ご冥福をお祈りいたします。  
タグ :平尾誠二


Posted by 平田 朗 at 21:31Comments(0)まつり自分

2016年10月19日

遺恨再燃?

桟敷に戻って しばらくすると、獅子屋台が降りてきました。


最後の方で 横ではなく 前の本棒から 縦に落としたのには驚きましたオドロキ

折れたような音がしましたが大丈夫のようでした。

降りてきた神輿にプレッシャーをかけながら広畠に入ってきた木場

前半の汚名挽回の素晴らしい練りでした拍手


総代 乗らずに 『爆音』で帰っていきました。


いよいよ 松原から 『押してまえよ』と報復宣言を受けた 妻鹿が降りてきました。


しかし 今年の妻鹿は すごかった。

挑発?のヤーサの後 山側にポジションを取った松原とがっぷり四つ


宣言どおり 松原が押しまくり またもや 桟敷に悲鳴が叫び


報復が報復を呼ぶ 押し倒しの連鎖かと思われましたが、

松原 総代が乗って帰路につきました。


押された妻鹿が、胴つきのサイドステップで広畠の方に戻ったのにも驚きました。

『あんな ワザあるんやオドロキ

例年なら これから しゃくとりたおしの 松原の祭り が見れるのですが


今年は、すっと帰っていきました。


来年は 練り番なので 妻鹿 松原の遺恨合わせはないので これで収まってほしいものです。

続いて 宇佐崎が降りてきました。

妻鹿は、宇佐崎にも襲い掛かり、押し倒し


東山が降りてきて3台練り


またしても 山側から押していき あわや横転かと思われましたが、なんとか支えました。


東山、あの横転事件の相手も 妻鹿だったような


絶好調で暴れ回った ジャイアン妻鹿も帰路につきました。


最後も見事に差して 疾風怒濤のごとく帰っていきました拍手


八家も降りてきて3台練り 宇佐崎帰って 東山 八家のがっぷり四つ


最後は 桟敷から見ててもわかった 八家得意技の脇棒乗せ で勝負あり

帰ってきた次男坊に『 脇棒乗せてたやろ?』と聞くと

『必殺 ガブリ乗せ』 やってオドロキ

東山も帰路につき さようなら


最後の八家が帰路につき、宇佐崎陸橋下で3台練り

八家が屋台蔵におさまった放送は夜中の12時まわっていたと思います。

シロトピア以前は、今年のような遺恨からの報復合戦を避けるため

『あの村とは絶対練らない』 伝統がありました。

木場 八家、宇佐崎 東山、木場 中村 見たことなかったです。

しかし、今年のように故意に落としにいったように見えることは

昔 あったかなあちっ、ちっ、ちっ

松原 妻鹿がいない 来年 再来年で 遺恨 も水に流してほしいですね。


  
タグ :灘まつり


Posted by 平田 朗 at 17:29Comments(1)まつり

2016年10月18日

押し倒しの勝ち

宵宮の屋台がすべて帰村した、お宮さん

露店があるので まだ人があふれてました。

明けて本宮は絶好の天気晴れ

事務所に行って開店準備。

神輿がお宮さんを出るまで お客さんで満杯でした。

お宮さんへのご恩返しもようやくひと段落です。

お客さんを山の桟敷にご案内して見物


灘まつりは、この舞台があるから 引き立つんですな。

神輿は、怪我がないうちに御旅所に上がりました。


妻鹿の獅子も例年より早いタイミングで帰ったように思いました。


その後 『爆音』から順に 広畠に入ってきます。

松原も45度?の坂で落とすことなく元気に入ってきました。


松原圧勝で木場が上がった後、今年の主役登場


宵宮から絶好調の妻鹿、松原を旧国道際まで押し、桟敷席から悲鳴が叫び

なんとか横転をまぬがれた松原、『押してまえよ』と報復宣言。

新たな遺恨が勃発しました。

来年 白木の宇佐崎が入って3台練り


ここでも 妻鹿が押し倒し。危ない場面でした。

テンションアップの同級生が乗る 東山 ええ音してました拍手


ここ近年 紙手も多く ええ祭りしてますねぇ


今年も あるべき姿で しんがりを務めた八家


元気良く入っていきました。


漆を塗っても ここ一番は 強かった八家

伊達綱を揺らしながら上がって行きました。


一旦事務所に帰って、お腹が空いてたので おにぎりとミートボール食べて満足。

ちょっと片付けて、後半に備えました。
  
タグ :灘まつり


Posted by 平田 朗 at 19:30Comments(4)まつり

2016年10月17日

若い力

まつりが終わって2日が経ちました。

いつもながら 片付けは速攻で まつりがあったのが嘘のようです。

13日 私の宵宮は、同級生、町内のお仲間と事務所で楽しく過ごしました。

あんなにお酒が空くとは叫び

明けて本当の宵宮。

例年通り、我らがキャプテン宅でお呼ばれ。

『渡り蟹』『お刺身』奥さん手作りオードブルをいただきましたgood

しかし 前夜の日本酒が効きすぎて、もうお酒は飲めましぇんガーン

皆さん、出立ちに向かったので、事務所へGo

開店準備を完了させ 待っていると 北から登場拍手

オーナーさんもスタンバイ


去年は、オードブル取りに行ってて見過ごした 松原屋台

事務所前通過 見ることができました。

そうこうしてるうちに『六本』宮入


相変わらず、よー鳴ってます拍手

叩く力が違いますなちっ、ちっ、ちっ

事務所にも、お客さんが増えてきました。

そこに、元大将手作りの『しめ鯖』到着。


〆具合が最高ですgood

その後、『爆音』宮入


八家が宮入したので『力水』準備


事務所は、この頃から人が増え続け、八家が据えた後は超満席オドロキ

飲み物や『かんとだき』を出すのにてんてこ舞い。

女性陣がいないと とてもじゃないですがまわっていきません。

宮出しが始まって、やや落ち着いた頃、

我が村の若手が大盛り上がりアップ


公民館に集まって、一緒に盛り上がっていった仲間だからこそでしょう。

若い彼らがこれからも『まつり』を引っ張って行って欲しいなあと

立場じゃないけど、そう思いました。







  


Posted by 平田 朗 at 19:57Comments(0)まつり

2016年10月13日

テロ対策

13日となりました。

朝のお宮さんは、静寂につつまれてました。


明日から宵宮です。


レンタルスペースの解放から帰社すると・・・


今年は スジ増量で40キロやってオドロキ


事務所は、早速 『テロ対策』

悪夢のウ○コ オシ○コ テロから事務所を防衛せねばなりません。


テロリストは、まわしいっちょの軽装備で攻めてきます。


『受付係』も 実家に帰らせていただきます。


これから事務所を休憩場所にチェンジして 浅煮えのかんとだきと冷酒で

同級生とメンバーズで13日を楽しみます。

これが私の『宵宮』です。
  
タグ :かんとだき


Posted by 平田 朗 at 15:42Comments(2)まつり

2016年10月09日

好っきゃなー

日曜日。

予想通り 約束の時間に来なかったお方。

念のため 電話があるかもと出社しましたが、無駄でした。

午後からは、先週に引き続き ウォーキング

自宅を 出て ヤッサ道へ

宇佐崎の屋台蔵は閉まってましたが、中村は開いてました。


お宮さんを過ぎると 見憶えのある痕跡


そのまま進むと 獅子屋台


小学校の時は 『テンテコイッチャ』と呼んでたなあ。

この日も 松原 開いてました。


道路の痕跡は、松原 錬る練習が午前中にあったためです。

古西ノ町公民館手前で 親戚のオッチャンに遭遇

『ワレ、二支部に寄付しに行っきょんか?』

松原の天然記念物らしい お声をかけられました。

お旅山前を通過し 妻鹿


妻鹿駅の橋を渡り、阿成から中島の村の中を通り


中島公民館


玉地 御幸を通過して 真っ最中の恵美酒の宮


そのままスルーして、まだまだ西へ

ここも 真っ最中の 津田の宮


ここまで白宅を出て1時間半。

思案橋を渡って帰路につきます。


浜の宮レトロロードを通り


宮町屋台。次男坊同級生とバッタリ


来た道を帰るのはつまらないので ワープ電車


なかなか楽しいヤッサ巡りでしたパー




  


Posted by 平田 朗 at 19:14Comments(4)まつりコミュニティ自分

2016年10月07日

いよいよ

金曜日。

送金手配も無事完了しました。

事務所には 同級生が 美味しいお酒を差し入れてくれました。

13日 去年と同じように楽しみたいと思います。

いよいよ 明日から祭りウイークスタート。

お天気になりますように。

  
タグ :ムーミン


Posted by 平田 朗 at 21:42Comments(0)まつり仕事

2016年10月04日

ハイキング

台風来てますが、明日は大丈夫でしょうか。

先日の完全OFFの日曜日。

思い立って 一度も登ったことのない山に登りに行きました。

自宅をスタートし 『ヤッサ道』を西に進みます。

宇佐崎の屋台蔵は開いてませんでした。


中村の屋台蔵も開いてなく、お宮さんにお参りして 更に西へ

松原の屋台蔵は開いていて、金物をつけたところでした。


金物を外す屋台は、今や 灘では 松原だけかもしれません。

毎年 洗いにかけるほうが綺麗か、コーティングでもたすのがいいのか

難しいところですね。

松原を抜けて 旧浜国道をお旅山へ


妻鹿の屋台蔵も閉まってました。


更に西に歩くと 資料館 中を覗くと・・・

フル装備の前屋台


もう一台飾ってあるとは知りませんでした。

村の宝を大切にされてるんですね拍手

『えのき』さんの前を斜めに土手を上がって 市川に出ました。


土手を北上し、目的地入口着


黒田官兵衛のお父さんのお城


登山開始です。


心地よい疲労感で登っていけました。


汗だくで頂上着


海に向かって一望かと思ってましたが、広峰山に向かって一望でした。


もちろん 海も一望


『あー登ってよかった』

しばし休憩して下山。

ホームグランドの前を通って 来た道を帰りました。


約2時間のハイキング終了。

ランチをいただいて満足ビール


国府山城址 行って良かったっすgood

  
タグ :国府山城址


Posted by 平田 朗 at 19:06Comments(0)まつりコミュニティ自分

2016年10月03日

ラップ

月曜日。

台風近づいてきてます。

お宮さんの神輿は、台風に備え 『ラップ』状態。


これなら神輿庫に戻さなくても大丈夫でしょう。


加古川にレンタルスペースのcloseに行ってランチ会議。

明日は晴れるみたいですが 水曜日はヤバいっす。

そろそろ送金準備に入ります。  
タグ :神輿


Posted by 平田 朗 at 18:52Comments(0)まつり仕事

2016年10月01日

ワサワサ

さあ 祭り月スタート

お宮さんに行くと すでに神輿は スタンバイ


『奉納鯛』のアップは撮り損ねました。

祭典役員をしている同級生と取締の従兄弟に挨拶。

同業の社長さんも役員さん。

お参りして 郵便局に投函に行くと 神輿幟 がお宮さんに向けて出発


一気にワサワサしてきました。
  
タグ :練り番中村


Posted by 平田 朗 at 08:48Comments(2)まつり友達

2016年09月29日

かんぬき

雨の木曜日。

お宮さんの東門はリニューアル


1日 1日 祭りに近づいていきます。

各町内のガス、水道工事で掘削された道路も 『祭りまでに』 舗装の真っ最中。

この時期になると、商談も 『祭り終わってからにしましょか』が多くなります。

明後日からは、朝からワサワサします。

『紙手軽トラ』も走ります。

準備段階から 祭り に関わってこそ、だんだん気分が盛り上がって

本当の 祭り の楽しさが味わえると思います。

懐かしい思い出ですな。

  
タグ :祭り準備


Posted by 平田 朗 at 18:44Comments(0)まつりコミュニティ

2016年09月28日

どんだけー

水曜日。

出社してメールボックスを開けると入ってました。



『練番』 中村さんの各戸配布用の日本手ぬぐい。


お宮さんに祀られている三神を描いたものですな。

早速、管理マンションに配布しました。

これだけの手ぬぐい 全戸配布できる資金力 さすがですな。

今週の土曜日から 祭り月 スタートです。

カレンダー見てると、連休もあるので アッと言う間に宵宮になりそうです。

それまで、仕事頑張りましょうパー

  
タグ :中村


Posted by 平田 朗 at 19:08Comments(0)まつり

2016年09月27日

御丁寧

火曜日。

午前中は、書類作成。

お昼は、情報交換ランチ会に出席レストラン

6月頃から賃貸市況ナギ状態なんですが どうなってるんでしょう。

ここまで動きが無いのは、初めての経験です。

ちと カンフル対策考えないといけませんちっ、ちっ、ちっ

帰社すると 東山の役員さんが広報と祭りの案内を届けてくれました。

各戸に、配布用の鉢巻も


ナイロンケースに入れられた御丁寧な鉢巻オドロキ

祭り月には公民館に来た子供達にはミニ紙手のプレゼントがあるんですって。

そうやって 祭りを担う次の世代を育成してるんですね拍手

東山さん やりますなgood  
タグ :東山


Posted by 平田 朗 at 19:40Comments(0)まつり

2016年09月26日

いよいよ

月曜日。

先週末まで拝殿で修理中だった神輿も修理完了。


1日の再登場まで 神輿蔵に納められました。

午後から、飾磨方面に行きましたが、紙手が所々に飾られて、すでに祭モードですね。

今年は、8日 9日が土日で 祭の集中日になるようです。

人員確保に苦労される所も出てくるかもしれません。

夏の暑さを忘れるくらい涼しくなってきました。

秋の収穫に向けて仕事頑張りましょうパー  
タグ :神輿


Posted by 平田 朗 at 19:19Comments(0)まつり仕事

2016年09月20日

やってまいよー

火曜日。

台風のおかげで、ひたすらデータ入力できました。

横殴りの風雨で、浸水被害にあいかけたのを雑巾で阻止。

また仕事が増えました。

先週末は、恒例の 『高砂万灯祭』

去年より 人出は多かったと思います。


屋台蔵は、フル装備


高橋酒店の隣の屋台は・・・


やーや 出してまいよー

電飾ON で ヨーヤサー


高橋酒店満杯で 高砂神社に向かいました。

途中のハーバー


神社内は 幽玄の世界


能 もやってました。


帰りのお寺では


ゆっくり飲み食いできなかったので、帰宅後 こうなりました。


年々 人が増えてますね。

婦人会のおばちゃんとも再会できた楽しい一夜でした。

  
タグ :高砂万灯祭


Posted by 平田 朗 at 21:54Comments(0)まつり

2016年09月18日

だんだん

日曜日。

お宮さんの神輿は、先週こうなって


今日は、あとは飾り金具をつけるのみの状態になってました。


だんだん盛り上がっていきますねアップ

でも ここにきて 台風ラッシュ。

10月も心配です。

ここから年末まで早いですよ。
  
タグ :神輿


Posted by 平田 朗 at 21:10Comments(0)まつり

2016年09月06日

サウナか

なんすか?この蒸し暑さ叫び

お宮さんの拝殿には ノッペラ神輿


朝の重要ミッションを終え 情報交換会レストラン

帰社して 賃貸管理ソフトのプラクティス。

途中 時間が来て 貸家ご案内。


募集サイトからメールでお問い合わせいただいたお客様。

良きご縁がありますように。

明日も頑張ってやりましょうパー  
タグ :神輿


Posted by 平田 朗 at 21:10Comments(0)まつり仕事

2016年09月04日

はやっ

蒸し暑い日曜日。

出社して サボっていた賃貸管理ソフトのデータ入力再開。

とりあえず、物件データの入力は終わりました。

次は部屋情報の入力です。

今日の単独ランチは こちら↓


早くも こんな書類が届きました。


盆が過ぎたら すぐですね。

『ザ まつり』の皆さん、今年も頑張ってください力こぶ   
タグ :自己顕示欲


Posted by 平田 朗 at 16:56Comments(0)まつり仕事

2016年04月19日

知らんかったわ

『諏訪神社式年第40回柱祭り』

諏訪の御柱祭りと同じ諏訪神社で行われる祭りです。


智頭の旧街道を『柱』を担いで練り歩きます。


本場諏訪のような『木遣り』は歌わず、『わっしょい わっしょい』です。


みんなで力を合わせて神社を目指します。


どこかの『自己顕示欲祭り』とはちがって とってもいい雰囲気拍手


この階段から上は『氏子』しか上がれません。


階段の手前で役員さんが、『すみません 危険ですので観光の人は上がれません すみません』

と 丁重にお願いされていました。

どこかの祭りのように 『どかんかい』 なんて言葉は聞きませんちっ、ちっ、ちっ

公民館で支度して、婦人会が炊き出しをして祭りをささえておられました。

『カン違い』してる人もいない とっても良い祭りでした。


はじめて訪れた『智頭』でしたが とっても素敵な街でした。

残しておきたい街並みと風景がそこにはありました。


  
タグ :智頭柱祭り


Posted by 平田 朗 at 18:26Comments(2)まつり