賃貸物件 売買物件

2018年10月24日

飽きたのかなぁ

祭りが終わって、さわやかなお宮さん


胴つき されまくった神輿 ヨレヨレでしょう。


なぜか、見るのも冷めてきた 今年の祭りでした。

あの夏の暑さが 幻のような さわやかな秋になりました。

これから、楽しいミッション 連続します。

年末まで アッと言う間ですよちっ、ちっ、ちっ  
タグ :神輿


Posted by 平田 朗 at 21:19Comments(0)まつり仕事

2018年10月23日

もう いいでしょう

雨の火曜日。

管理しているハイツの現調に行くと 空からエンジン音

見上げると・・・

『オスプレイやんオドロキ


さて、15日の続きです。

事務所に帰ると、女性陣が頑張ってくれて ほぼ片付いてました。

ゴミ出しをして、桟敷にリターン。

松原 露払いだんじりが、下りてきて、帰路に


夜は 危険度が増す 神輿


でも ケンゴーが多いので 上手に合わせます拍手


帰りも 3台合わせにトライ


拍手を浴びて、妻鹿町の皆さん、お宮さんへ。

木場港 はすぐに下りてきましたが、2番の姿は まったく見えてきません。

その間、 木場 やりたい放題の独壇場。

30分ほどして ようやく 松原 下りてきました。


木場は、あっさり 帰路に。帰りも よー鳴る鳴る拍手


爆音マシーン やっぱ 大好きです。


しばらく待って、3番 下りてきました。


宇佐崎も下りてきて 白浜3町練り


そうこうしてると 神輿を据えた妻鹿の皆さんが帰ってきました。


前回より 素晴らしい神輿合わせ 見せていただきました。


さあ、ここからが 松原の祭り と期待した地蔵さんロード


期待?を裏切って、小走りに帰れてしまいました。

続いて 中村も帰路に


東山、八家が下りてきて 3台練り


宇佐崎は、西まで大幅にバックして 威勢良く走って帰っていきました。

最後は 仲良し2台の練り合わせ

この練り合わせが広畠で見れるのは、3年後


東山があっさり離れて 帰路に。

取締の紙手が 前後に並び、なかなかの雰囲気OK

最後の八家も 帰路に


広畠下りて 西にバックしなかったの 木場と松原と東山。

もー、バック いいでしょうちっ、ちっ、ちっ

それより スッと帰るのが 粋 ではないですかねぇ  


Posted by 平田 朗 at 20:32Comments(2)まつり仕事

2018年10月21日

ダーク

日曜日。

自転車出勤の途中、予感がして、新昭和橋から八家川を見ると


やっぱりいました、トラフグの稚魚

網ですくって太らせたい。

青空の下、ヤッサ道を行くと 宇佐崎 中村の屋台蔵 開いてました。

15日の続きです。

3番は、中村


太鼓の皮を張り替えないようにして5年目らしいです。


通算125万円の節約?の効果は いかに


カラフルな 3台練り


木場が御旅山山頂に上がった後 白木2年目フル装備の宇佐崎


太鼓は、よー鳴ってました。


宮入り 下乗 を守った 新総代


7年に1度の 白浜3町練り合わせの後、同級生 スタンバイ


しかし、近年、地蔵さんから練り上げず、だいぶ短縮してますなちっ、ちっ、ちっ

六本太鼓マシーンも よー鳴る 鳴る拍手


東山は、一体感があっていいですわ


シロトピア以前は、ありえなかった 宇佐崎 東山の練り合わせ


東山が入れば、八家も入ります。


バランスの取れた良い屋台ですが、伊達綱の色 狭間が欅のため どうしても暗い感じになります。


村のイメージも・・・

その後は、3台の練り合わせ


勝負がついた後、すぐ練り上げるわけでもなく間延びしてきたので

事務所の片付けに戻りました、

途中、取締の時に、オーナーさんにお願いして置かせてもらった道具箱


今もお世話になってるようでした。





  
タグ :下乗


Posted by 平田 朗 at 19:53Comments(0)まつり

2018年10月19日

デビュー

上手な 神輿が御旅山に登ると 東から 爆音


木場だけは、この場面で 総代さん、乗りませんね。


上手に、広畠へ


『デン ヨッサ』 炸裂


続いて、新しい総代さんが乗る 松原


乗り心地は、いかがだったでしょうか。


良くも悪くも、主役級 です。


1番 2番 で仲良く 練り合わせ


しかし、聞こえてくるのは 木場港 の 太鼓

やっぱり、爆音ですわ拍手

  
タグ :木場港


Posted by 平田 朗 at 21:02Comments(2)まつり

2018年10月18日

ケンゴー

14日の宵宮。

最後のお客様を送り出し、本宮の飲み物冷やし用の氷を買って帰宅。

15日の本宮 朝。

木場が三つ橋を渡る 太鼓の音を聞きながら事務所着。

開店準備して弁当とオードブルを受け取って しばし時間があったので

数年ぶりにお宮さんの中へ

木場が宮入りして 拝殿前


顔ぶれ見ても、木場に住んでる練り子 少なそう。

私の勝手な予想ですが、8割は、他所からでしょう。

外見は、変わりませんが、中身は様変わり。

役員さんだけは 在住の人でしょう。

そうこうしてると、八家が楼門前に


久しぶりに 祭りの雰囲気に触れて、事務所に帰ると

すでに同級生が来てました。

その後 どんどんお客さんは増えて 女性陣 大忙し。

練り番 妻鹿が お宮さんを出たところで、御旅山へ。

松原の獅子だんじりには間に合わず。

神輿から見ることに


絶好の祭り日和です。


神輿合わせ やはり 妻鹿が一番でしたね拍手


ケンゴーの数が多い


差して 2回転したのにはビックリオドロキ

ケンゴーだけで 神輿 差してたもんなあ


記憶に残る 神輿合わせ でした。  
タグ :妻鹿練り番


Posted by 平田 朗 at 20:36Comments(0)まつり

2018年10月17日

良い天気

長いようで短い祭りが終わりました。

13日 、宵宮の開店準備を終え帰宅して、いただきものの鯖寿司と

飛ばない社長が釣ってきてくれたツバスの刺身を燗酒で。

旨しgood

その後、大木庭方面から太鼓の音が聞こえているので

木場の中を通って


爆音マシーンとご対面


しかし ほんまによー鳴るわ拍手

宵宮の朝は、恒例の接待大部長さん宅にお呼ばれ。

ワタリガニのメンタ 美味すぎました。


出社して、開店準備。

今年のテストおつまみのひとつ


お巡りさんも 続々と集結


そうこうしてると 松原屋台通過


良い天気で 屋台が映えますね。


このあたりから、徐々にお客様 ご来店。

チーフの仕事をしながら、呑んで食べて。

長い1日が始まりました。
  
タグ :灘祭り


Posted by 平田 朗 at 19:32Comments(0)まつり

2018年10月13日

モチベーション

いよいよ、松原八幡神社秋季例大祭 前夜となりました。

朝のお宮さんは、祭りの前の静けさ。


13日、昔は、大鳴らし と言って、夜中まで 太鼓を叩いて

祭り気分を盛り上げていました。

『前夜祭』と言うのに 違和感があるのは 私だけでしょうかちっ、ちっ、ちっ

残らない、おつまみ を取りに予約していたお店へ。

その前に、ソールフードで腹ごしらえ


やっぱり、美味いわgood

帰社して無法者の予防に、いつものミッション


受付係も 1年ぶりの自宅待機へ


さあ、この自己顕示欲野郎の展示会が終われば 楽しいことが待ってます。

それが、この2日を乗り越えるモチベーションです。  
タグ :ムーミン


Posted by 平田 朗 at 20:07Comments(0)会社まつり

2018年10月11日

なんでもあり?

また、雨ですやん。

多分 この雨で、祭り当日 天気は大丈夫でしょう。

小雨の中、警察の手で、放送ハイ婦警さんの居場所に、監視カメラ設置。


放送のし過ぎを監視か?

昨夜、久しぶりに、昔の8ミリをおとしたDVDを見ていると・・・

八家が、拝殿を回る時、先頭に


獅子やんオドロキ


楼門の中でも、獅子が先導してたんや。

なかなか、シブい光景ですやん。

昭和46年でしたわ。

いやー 久しぶりに、他の動画も見ましたが、

ヤッサの前には 白シャツのオッチャンが乗ってるわ

なぜか、後ろに総代が乗ってるわ

あの松原でも、前に2人乗ってるわ

まさに なんでもありやん。

昔から めちゃくちゃやったと思うと アホらしくなりましたパー  
タグ :八家の獅子


Posted by 平田 朗 at 21:46Comments(0)まつり仕事

2018年10月10日

灘祭りと甲子園

雨が降りました雨

オーナーさんへの送金 無事完了。

いつも ホッとする瞬間です。

この雨の後、気温が下がるようです。

松原八幡神社秋季例大祭の14日・15日は寒くなりそうです。

青年団の頃は、14日の夜、クラブ(公民館)でコタツに入ってたもんなぁ。

15日は、帰り、ガタガタ震えてましたわ。

昔と変わったと言えば、松原の掛け声。

今は、ヤーサの後、

ヨッソイ、ヨッソイ、ヨーヤーショッ アーエーーンヤー ヨッソイと言っていますが

私の記憶では、ヨッソイ、ヨッソイ、ヨーヤーショッ は言わず

太鼓の音だけが鳴って、アーエーーンヤー、ヨッソイ だったはず

楼門前、差した状態で、あの 太鼓だけの音から

アーエーーンヤ ヨッソイ まさに 静から動。

これが 松原の宮入りだったはず。

いつか、元に戻してほしいなあ。

いずれにしても、灘祭りは、太鼓の音と練り子の声

今は、女性警察官が楼門横から 観衆に 注意の放送しまくってますが、

あの方も、ひょっとして 自己顕示欲野郎かもワーイ

ま、観衆に怪我があってはいけないので、放送は 致しかたないですが、

必要最小限にしてほしいものです。

甲子園のファンみたいに、自分が騒げれば、OK より、

メジャーのスタジアムのように、ミットに収まるボールの音や、バットに当たる音が

聞こえるような環境には、なりませんかねぇちっ、ちっ、ちっ

放送で、太鼓の音と練り子の声をかき消すことだけは避けてほしいなあ。

ま、関係ないっすけどヒ・ミ・ツ

  
タグ :松原宮入り


Posted by 平田 朗 at 19:05Comments(2)まつり疑問

2018年10月09日

あっという間

9日。

送金手配最終日。

無事 手配完了パー

後は、『自己顕示欲野郎』の祭典 が終わるのを待つのみ。

受付係は、いつものように 祭りモード


とにかく 早く終わってほしい。

連休最終日は、アプローチのプラクティスゴルフ


新たな目標に向かって頑張りますパー  
タグ :アプローチ


Posted by 平田 朗 at 21:00Comments(0)まつりゴルフ仕事

2018年10月08日

夢 実現

良いお天気です晴れ

7日 出社してると 恒例の 松原 屋台練り講習。


マンホールに引っかかって、泥台損傷のアクシデント。

本番前が不幸中の幸いでしたね。

日が暮れると 各屋台蔵から 太鼓の音がしてきます。


14日までが いちばんワクワクして楽しかったなあ。

14日になると 明日で終わりかぁ と寂しくなってました。

あの頃は、純粋に祭りが好きだったんですね。

7日は 荒川神社 町坪屋台 入魂式でした。

お宮さんの楼門前で

『にいちゃん、どっか 職場に貸してくれるとこないやろか?』

その時、なぜか頭に浮かんだのが 今の職場でした。

賃貸物件ではありませんでしたが、オーナーさんにお願いしたら

『貸してもええよ』

一度も中を見たことなかったので、中を見せてもらうと

大工さんの職場にはピッタリの雰囲気。

見た瞬間、鳥肌が立ったのを 昨日のように覚えています。

契約して、引き渡した時

『いつかここからヤッサが出て行くの楽しみにしとくわ』

あれから 5年くらいでしょうか、夢 実験しちやいました拍手

『皆さんのお陰です』と棟梁(本人は 大工さんと呼ばれたい)は言ってましたが

お宮さんのとり持つご縁やったに違いないと私は思っています。

これからも 弥栄 祈っています。


  
タグ :大和建築


Posted by 平田 朗 at 21:19Comments(0)まつり仕事

2018年10月03日

ストレスフル

水曜日。

拝殿の神輿、一の丸 には鳳凰


昨日の脚立は、そのためやったか。

時間がある時に、書類作成。

夕方 帰社後、タチの悪いお二方に電話。

ほんとに、この業種、タチの悪い人多いパーンチ

先日の賃貸マンション案内した人の行為から 負の連鎖です。

断ち切って 忘れたいと思います。

ランチ抜きのストレスフルな今宵。

同じく ストレスフルな、十中八九野郎をお誘いして、一か八か工事のお礼の宴ビール

ここの お造り 甘口の九州醤油との相性バッチリで 激ウマ


〆は、オーダーしてから炊き始めるごはんでの玉子かけごはん。


旨し。

野郎も大満足していただき、久しぶりにポンデリング買って帰還。

昨夜は、おそらく最後の月下美人


悪縁を断ち切って、明日も頑張ろう。  
タグ :


Posted by 平田 朗 at 23:04Comments(0)うまいもんまつり疑問月下美人

2018年10月02日

今年はこんなに

火曜日。

拝殿には、なぜか脚立付きの三基の神輿


出社後は、あれこれと バタバタしました。

昨夜、帰宅すると 月下美人がまたもや 咲きかけてましたオドロキ

今年は、何回 楽しませてもらったんでしょう拍手

深夜 0時の 妖艶なお姿


香りも 妖艶。

まだ、もう一回 咲きそうです。

夕方からは、サンセットクルージングの予定でしたが、

風がないので、船上珈琲タイムヨット

帰りには、美しい夕焼け


さ、明日も頑張ろう。  
タグ :月下美人


Posted by 平田 朗 at 20:45Comments(0)まつりヨット月下美人

2018年10月01日

ちと おかしいな

台風一過 清々しい朝でした。

水道検針請求書をポスティングして出社。

10月1日のお宮さんは、早くも ワサワサ


お宮さんを出ると、西から 妻鹿町の皆さん


本番さながらの姿で 修理した神輿を、拝殿へ運んでこられました。

その後は、各村の紙手と鉢巻き野郎を積んだ 道交法違反の軽トラが行き交いました。

祭月がスタートして、『ザ 祭り』の皆さんも 動き出します。

無理難題を突きつけてきて、毅然と反対しないから ナメられて

さらに 相手は ナメきったことを言ってくる。

一度 逆らったったらええねんパーンチ

午後からは、台風対策で 倒していた 看板を立てていきます。


2現場 看板立ててくれてました。オーナーさんと、お隣さんかなあ。

帰社して、郵便局に行くと、中村の 懐かしい幟が 立ってました。



赤の伊達綱と この幟で 今年は行ったらどうでしょう。

レトロ感 満載でっせ。

さ、明日も 頑張ろ。


  
タグ :祭り北朝鮮


Posted by 平田 朗 at 21:58Comments(0)まつり仕事

2018年09月18日

返してくれ

しばらく サボってるうちに9月も後半へ。

先週 金曜日は、お客様賃貸物件ご案内。

ご案内後 お心遣いをいただいて、感謝、感謝。

ランチ会議には、間に合わなかったので 単独で。

迷いに迷った結果、

ショボコンビ


シーフードの塩っ気が あとあと 口に残り ハンパない後悔ダウン

もう ショボは 卒業しますパー

土曜日は、恒例の 高砂へ

レトロな銭湯を通って


商店街へ


今年は 少し人出が少ないような感じがしました。

いつもの婦人会のおばちゃんと再会して お買い物。

その後、清潔な方の酒屋さんで 冷酒とおでん。

『美味し』

店を出ると 妖艶なお店が。


角を曲がって、『しゅうちやん』のお店へ。

フォアローゼスの自動販売機は、機能停止。


隣の自動販売機も 押したら 違う商品が出てくる お楽しみ付きです。

しゅうちやん 朝から飲んでたみたいで、コップがありません。

仕方なく、先客が使った湯呑みをベロン社長が外の水道で洗って お酒イン。

やっぱり おもろい店ですわ。

勘定合ってたのか いつものごとく不明の安さ


しゅうちやん また来るまで お元気でパー

隣の屋台蔵から 今年も出された屋台を見ながら


ハーバーへ


最終目的地の高砂神社


戎町の屋台蔵は 檜の香りが満載


あー、私の24万 返して欲しい。

あんなこと見るために 寄付したんちゃうでパーンチ

最後は ピンク商工会議所でお終い。


高砂 レトロな夜でした。
  


Posted by 平田 朗 at 20:57Comments(2)まつり疑問コミュニティ自分仕事

2018年09月02日

それで衝突するかあ?

日曜日。

レンタルスペースの契約書類発送と賃貸物件のネット掲載を

まったりしながら やろうと のんびり構えていたら

警察からお電話黒電話

昨日、レンタル倉庫に車が衝突したとのこと。

早速 オーナーさんに連絡すると、弾丸 見に行ってくれました。

予想外の衝突の仕方に 私もオーナーさんも ???

加害者さんから その後 電話をいただき、明日 保険会社から連絡が入ることに。

倉庫内にもダメージがあるかもしれないので 借主さん6人に連絡。

アリエンティーな事故ですが、借主さんファーストで対処しようと思います。

昨日のお宮さん、神輿庫の前に妻鹿の同級生の姿が


いよいよ 祭り のスタートです。

自己顕示欲発揮マンの展覧会。は、放っておいて

無駄にならない接待メニュー

考えていきます。


  
タグ :妻鹿


Posted by 平田 朗 at 19:16Comments(0)まつり仕事

2018年07月25日

はやっ

暑さ ちょっとマシかと思いきや、夕方の湿気

どんだけ〜叫び

日本は、熱帯モンスーン気候か?午前中、お客様宅から帰社すると

総代さんが同行されて、総代さんと祭典役員さんと一緒に 直々のご来店。

年番 妻鹿さんからの協力要請


管理させていただいている賃貸物件が、祭典当日 救急隊の待機場所となります。

まだ7月ですが、年番 妻鹿さんの祭りは もう始まっているようです。

お盆が済んだら すぐに 祭り ですが もう 祭り なんですね。

『ゾッとしますわガーン

今年は、祭りが終わった後 楽しい企画が待っているので それをモチベーションに頑張ります。

今宵、お出かけできなかったので 明日お出かけしようと思います。  
タグ :妻鹿


Posted by 平田 朗 at 20:15Comments(0)まつり仕事

2018年02月18日

粋やなぁ

日曜日。

母方の 祖父と祖母の法事 でした。

同級生の本院さんにお世話になりました。

法事が終わって お食事しながら 祖父 祖母の思い出話。

大工だった祖父は、晩年 油絵を描く趣味も持っていました。

『俳句もやってた』と叔父

『御旅山の御旅所の横に 句碑があって そこにおじいさんの俳句が書いてある』

早速、帰りに御旅山にGOクルマ

ありました、ありました。


『からみ合う 神輿気遣う 宮大工』 棟史

句会の名前は 『白浜眞砂会』とありました。


おじいちゃんが俳句をしてて 句碑があるなんて この法事で始めて聞きました。

御旅山からの帰りの景色は 海側も


山側も 澄みきっていました。


おじいちゃん、『風流人』やったんやなぁ

  
タグ :宮本長治


Posted by 平田 朗 at 17:12Comments(0)まつり

2017年11月25日

土曜日。

契約書 業者さんにお届けして 事務所待機。

昨日のオーナー社長さんの お話しの続きです。

『松原は、むずかしい旧の字の時は 原 に 点 がないんよ』

『旧 の時は 原 に 点がある』

本幟


今年の神輿幟


教えていただいたとおり 点 ありません。

昭和49年の 神輿幟


旧の字 使って 点 があります。

いったい どんな理由からなんでしょう。

字画 が関係してるんでしょうか。

必ず 理由があるはずです。

どなたか 由来 ご存知ないですかねちっ、ちっ、ちっ


  
タグ :松原村


Posted by 平田 朗 at 19:08Comments(0)まつり

2017年11月24日

へー、そーだったんだー

月曜日感覚の金曜日。

乾燥してたので 加湿器 オンしました。

午後 松原地区のオーナー社長様が 来年のカレンダー持ってきてくれました。

仕事のお話した後、祭りのお話に

カレンダーに映る 松原の幟を見て


『松原の幟には向かい鳩ないやろ』

『わざわざ鳩を掲げなくても お宮さんは 松原 との自負やね』

『神輿幟も 昔は 日鉾 やなくて 他村と同じ 紙手紙やった』

『なるほど、向かい鳩やから 紙手紙 いうことですね』

49年の映像を見ると


『紙手紙やんオドロキ

その後の練り番の映像を見ると


『日鉾やん』

向かい鳩の理屈なら 頭は 紙手紙

日鉾の理屈なら 神輿幟に向かい鳩なし

『松原の幟は、楼門西より絶対に東に行かない』と以前教えてくれたオーナー社長

いやーまだまだ知らないことありますわーちっ、ちっ、ちっ  


Posted by 平田 朗 at 21:04Comments(0)まつり